ヘッダー画像

運動で自分への肯定的なイメージを持つことが他のあらゆることに挑戦していく力になります。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達は運動あそびをしていく中で、「この高さからジャンプができた」

「縄跳びが引っ掛からずに跳べた」「平均台を最後まで渡れた」という

成功体験から、達成感をたくさん感じることで

「やればできるんだ」と自分に自信を持ち、自己肯定感を高めることができます。

この自信は、運動だけでなくその後のあらゆることへつながっていきます。

学習、音楽、絵画、さまざまなことに好奇心を持ち、

挑戦していく力の源になります。

 

成功体験は運動以外でも経験できますが、やはり体を使って感じることが

一番自信につながりやすいので、特にいろいろなことを身に付けていく幼児期には

子ども達が主体的にできるような運動あそびがとても大切になります。

 

 

運動あそびプログラムの「新幹線ジグザグカンガルー」をご紹介します。

ゴム紐をまっすぐに張り、少し高さを持たせた障害物を作ります。

このゴム紐に当たらないように、足を閉じたカンガルージャンプでジグザグに進みます。

「新幹線」なので、素早く進めるように意識します。

ポイントは、両足をしっかりくっつけることと、腕の振りと膝の曲げ伸ばしで

全身を使ってリズミカルにジャンプしていくことです。

 

ジグザグにジャンプしていくことで前後左右のバランスをしっかり

とることが必要になり、バランス力が育ちます。

こうした遊びでリズム感やバランス力、跳躍力が身について

連続ジャンプが上達すると、縄跳びの上達にもつながります。

 

段階を踏んだ運動あそびでたくさんの成功体験を積み、

自己肯定感を高めながら心も体もしっかり育てていくことができます。