ヘッダー画像

変化のある遊びで子どもの興味を引きつけるのがおすすめです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動あそびを提供する時、基本の動きを繰り返しやることが大切ですが、

単調な遊びを続けていると子ども達はすぐに飽きてしまいます。

集中力がなくなったり、自分なりに別の楽しさを見つけ出してしまい、

活動にまとまりがなくなるだけでなく、怪我にもつながりやすくなります。

 

そうならないためには、子どもの興味をひくような遊びの導入と設定が大切です。

私たちの運動あそびでは動物がいろいろ出てくるので、

動物を登場させながらストーリー仕立てに進めていったり、

途中でドキドキハラハラするような設定もおすすめです。

 

例えば、クマ歩きをする場合。

子ども達はクマ歩きで森の中を散歩しています。

先生が猟師役になり、道の真ん中に鈴を付けたゴム紐を椅子にくくりつけて

少し高さのある罠を仕掛けておきます。

猟師は罠を仕掛けたら眠っている振りをします。

クマさんは、この罠に当たらないようにまたいで進んでいきます。

「もし罠に当たって鈴が鳴ると、猟師さんにつかまっちゃうよ!」

と動機付けをしておくと、罠に当たらないように慎重に進むことができます。

この遊び方だと先生の負担も減らすことができ、

子ども達も「つかまっちゃうかも」とドキドキしながら遊べます。

 

他のカエルジャンプやカンガルージャンプなどの動きでもできるので、

いろいろな動物でやってみたり、ルールを少しずつ変えながら

楽しく遊べる工夫をしていくことで、継続して取り組むことができます。

 

継続的な取り組みで、確実に力を育てていきましょう。