ヘッダー画像

運動あそびは継続が大切なので日常のルーティーンに組み込むのがおすすめです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の体力や運動能力を育てて「動ける体」を作っていくためには、

毎日少しずつでも良いので継続して取り組むことが大切です。

しかし、保育園や幼稚園での活動には様々なものがあるので、

毎日運動あそびの時間をとることはなかなか難しいものです。

そこで、運動あそびの時間として時間を作るのではなく、

毎日の生活の中に適度に組み込んでいくと自然にクリアでき、

子ども達の力もどんどん育っていきます。

 

例えば、教室や廊下の床にクマの足型を描いたり張ったりしておいて、

クマ歩きで移動する。トイレに行く時は横向きのカニ歩きで行く。

次の活動までの待ち時間に体操座りで座って、

足の間に鈴を挟んで落とさないようにして待つ。

降園時間に、1人ずつ先生の手にジャンプしてタッチしたり、

「パーだけタッチ。グーはタッチしちゃだめ。」とタッチゲームをする。

といったように、普段の生活の中のことに関連付けていくと、

忘れずに、そして簡単に取り組むことができます。

 

さらに子ども達が自主的にやりたくなるようにするには、

子どもの意見を取り入れていくのも効果的です。

ぜひ、子ども達と一緒に自分たちだけの楽しい取り組みを考えて、

動くことを楽しんでいってほしいと思います。