ヘッダー画像

運動あそびでは基本の動きに認知的なアレンジを加えることで子どもの成長を促します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

 

ジャンプ遊びは下半身や体幹の強化ができ、

跳躍力やバランス力が育つので、子どもにはとても良い遊びです。

 

しかし、今は昔のように木の上から飛び降りたり、

川を跳び越したりするような遊びをすることも減り、

家庭でも、マンションやアパートなどの集合住宅では音が気になり、

ジャンプ遊びは禁止することが多いので、

子ども達が日常的にジャンプをすることがとても減っています。

 

子ども達はジャンプ遊びが大好きなので、

運動あそびでもジャンプ遊びをたくさん取り入れています。

ジャンプ遊びの一番のポイントは「両足を閉じること」です。

足を閉じたジャンプをすることで、足の指先で踏ん張る力や

 

腹筋、背筋などの体幹の力もしっかり使うことができます。

 

 

運動あそびプログラムの「おつかいカンガルー」をご紹介します。

子ども達は両膝の間に手紙を挟んで、落とさないように

ジャンプしながらゴールまで進みます。

紙を挟むことで足を閉じてジャンプすることが意識できます。

 

慣れてきたら床に複数の色のカップを並べ、

手紙を折り紙などの色のついた紙にしておき、

自分が足に挟んでいる色のカップだけをタッチしながら進む。

または足に挟んでいる色以外の色をタッチしながら進む。

といったように、ジャンプ遊びに「色の認識や判断」といった

認知的な部分を加えたアレンジをして遊んでいきましょう。

 

こうすることで、体だけでなく頭も使って遊ぶことができるので、

脳もしっかり育てていくことができます。