ヘッダー画像

1歳前に身につけたいのは筋力よりも姿勢の変化に対応する力です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動あそびは、0歳や1歳の小さな子ども達にもおすすめです。

赤ちゃんの頃から様々な経験を積み重ねていくことが、

子どもの体や心、そして脳の発達を促します。

 

10ヶ月や11ヶ月頃から始めるのが良いですが、

まだその時期は全体的に筋力が弱く、体も不安定な時期です。

力や筋力をつけるのはまだ先の話なので、

まずはいろいろな感覚を育て、運動能力の土台作りをしていきましょう。

 

未満児の時期からやってほしい動きは、

赤ちゃんを抱っこした状態で「前後」「左右」「上下」に動かし、

三半規管を刺激することです。

中でも「後ろ」の感覚は、なかなか自然に身に付くものではありません。

抱っこして体を密着させた状態で、赤ちゃんを後ろ側に倒す遊びを、

日常的に取り入れてみてください。

倒す角度は、10ヶ月なら90度くらい。

14ヶ月になったら、体より頭が低くなるくらいまで倒します。

 

この経験があるかないかでその後の「逆さ」に対する感覚が

「恐怖」になるのか、「楽しさ」になるのかで大きく分かれます。

鉄棒遊びなどで顕著に現れますので、ぜひ未満児のうちから

こうした遊びを、園や家庭でもやっていってほしいと思います。