ヘッダー画像

子どもがやらない、できない時はその理由を見極めることが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

保育園や幼稚園で運動あそびを提供していると、

「やりたくない」といって参加してこない子がいます。

そういう時、私たちは強制しません。

子どもが「やりたくない」という背景にどんな理由があるのかを探し、

その理由に応じた声掛けや対応をしています。

 

子どもがその活動をやりたくない理由には、

「恥ずかしい」「ただ機嫌が悪い」「できないから」「簡単すぎてつまらない」

などいろいろなものがあります。

そして、それが時間が経って落ち着いたら参加できるものなのか、

先生の補助があればできるのか、他の子に見られなければできるのか、

など対応を見極めます。

もし、できないからやりたくない場合には無理にやらせず、

別に時間に教えてあげたり、保護者を巻き込んで家庭でやってもらったりしながら

子どもが運動することを好きになれるように働きかけていきます。

 

 

運動あそびプログラムの「反復横跳びでフープまたぎ」をご紹介します。

反復横跳びをしながら、床に並んだフープをまたいでいく遊びです。

 

反復横跳びは、動きの理解や体のコントロール力とともに、

集中力を保つ力やリズム感が重要な動きです。

慣れないうちは足の動きをうまくコントロールすることができずに

ドタバタしてしまうことがあるので、

苦手な子には向かい合って手をつないで一緒に動いてあげたり、

見本を繰り返し見せながら練習していきます。

 

反復横跳びの動きは、小学校の体力テストの中でも今の子ども達が

苦手な動きの1つなので、保育園、幼稚園の頃から経験していき、

スムーズにできるようにしていきましょう。