ヘッダー画像

手足の先まで動かすことでボディーイメージが強くなります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

年齢の小さい子どもや発達障害を持つ人などは、「ボディーイメージ」という、

人が自分の体について持つイメージの力が弱く、

自分の手や足の先がどこまであって、今どんな状態になっているのか

といったことをイメージするのが苦手です。

そのため、歩いていてよく体をぶつけてしまったり、

着替えがスムーズにできない、運動が苦手ということが起こります。

 

そこで、ボディイメージが育つ幼児期から、手足の先まで意識して

動かすような経験がとても大切です。

今日は、足の指先に力を入れて動かすことができる遊びをご紹介します。

 

まず子ども達はスタートラインに並び、体育座りをします。

そして座ったまま足を動かして前に進んでいきます。

足の指先で地面をつかむようにすると効率よく進めます。

 

上手に進めるようになったら、数人で競争をしてみたり、

リレー形式にして遊んでも楽しく遊べます。

競争にすることで本気を出して取り組むことができるので、

運動の効果を高めることもできます。

男の子はパワーを持て余していることも多いので、

子ども達の様子によっては、こうした発散できる遊びをところどころに

取り入れていくのがおすすめです。