ヘッダー画像

やる気や集中力を司る前頭葉を鍛えるには、特に運動が効果的です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私たちが人間らしく生きるのに必要な「思考力」「コミュニケーション能力」

「行動や感情をコントロールする力」「ワーキングメモリー」「記憶力」

「やる気」「集中力」などたくさんの能力を担っているのが、脳の前頭前野です。

前頭前野を活性化させることは、社会の中での「生きる力」を養うことにつながります。

幼児期からの取り組みを大切にし、子ども達の生きる力を育み、

健全な心と体作りを目指していきたいと思います。

 

前頭前野を鍛えるには、やはり「運動」が効果的な方法です。

私たちは、子ども達が継続して取り組めるような工夫や

効果的に能力アップが目指せるようになっている、

「柳澤運動プログラム」という運動あそびプログラムを提供しています。

その中から、特に子ども達の社会性やコミュニケーション能力を育てる

遊びを1つ紹介します。

 

ホールの中に、複数の色のマットを間隔を空けて並べておきます。

子ども達は全員で、どのマットに移動するかを話し合ってきめたら、

スタートの合図で一斉にマットに移動します。

移動する間で、指導者が鬼になって子どもを捕まえようとするので、

子ども達は捕まらないようにマットに逃げなければいけません。

 

大事なポイントは、話し合いの時に鬼に聞こえないように

マットの色を決めることです。

鬼に聞こえてしまうと、そのマットの前で待ち伏せをされてしまいます。

興奮して声が大きくならないように気をつけながら、

子ども同士では話し合いを共有できるように配慮することが大切です。

なかなか高度なスキルが必要になりますが、

初めは少人数で行い、徐々に作戦会議も上達できるようにしていきましょう。