ヘッダー画像

運動器具は目的や子どもの段階に合わせて調節することが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に、器具を使った運動あそびを提供する時には、

子どもの体に合ったサイズの器具を用意することも大切です。

鉄棒では、鉄棒の前に子どもが立った時に、鉄棒が子どもの胸辺りにきて、

捕まって跳び乗ることができる高さを選びます。

年少児などで難しい場合には、遊びの種類によっては巧技台を置いたり、

鉄棒にゴムチューブをつけて足を乗せられるようにしたり工夫しましょう。

 

ただ、ぶらさがり遊びは別です。

ぶら下がりの場合は高い鉄棒の方が難易度が低くなりますので、

初めは高い鉄棒を用意して遊ぶようにしてください。

 

 

運動あそびプログラムの「ターザン」遊びをご紹介します。

鉄棒の真ん中に折りたたんだ縄をくくりつけ、下につかないくらいの長さにします。

縄は縛るだけでは取れてしまうので、折った縄の輪っかの中に反対側を通して、

取れないようにしてください。

そうすると、ぶら下がっている部分に輪っかができた状態になるので、

そこに足をかけて両手で縄をつかみ、ターザンのようにぶらさがります。

ぶら下がれたら、そのまま体を前後に振ってみたりしながら、

子ども達にぶら下がることを楽しんでもらいます。

 

この遊びで、腕を曲げて体を引き付ける腕の力が養われます。

バランスをとるための腹筋背筋も刺激することができるので、

小さいうちからこのような遊びを取り入れ、

自然と力をつけていくことが、子どもの成長発達を助けることにつながります。