ヘッダー画像

学習に向かう姿勢の基礎となる力は運動によって育まれます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

運動をすることで身に付くのは、体力や運動能力だけではありません。

運動によって、物事に取り組む時の集中力や忍耐力といった力を

身に付けていくことができるので、結果学力向上につなげることができます。

集中力や忍耐力を持って学習に向かうのと、そうでないのとでは

その学習の効率に大きな差が出てきます。

せっかく同じ時間机に向かうのなら、質の高い学習時間になる方が良いですね。

 

そして、子ども達にとっての「運動」とは「あそび」です。

同じ動きばかりでなく、多種多様な動きを体験できるように、

そして何よりも毎日楽しく取り組めるということがとても重要です。

 

 

私たちが提供する運動あそびプログラムの「ハチハチゲーム」をご紹介します。

指導者がハチになって子ども達を追いかけます。

ホールの中にはマットで安全地帯を作っておき、

子どもはその安全地帯の中に入ればハチにつかまりません。

 

捕まらないように逃げるには、自分とハチ、安全地帯の位置関係を常に意識し、

進路を考えて動くことが必要になり、空間認知力や先を読んで動く力が育ちます。

また、人に意識を向けて動くことで社会性なども身につきます。

 

慣れてきたら安全地帯のマットを色違いで複数用意し、

安全地帯の色を毎回違う色に指定したり、

子ども達の様子に合わせてルールをアレンジしていくことで

何度も楽しく遊ぶことができるので、おすすめの遊びです。