ヘッダー画像

運動あそびでは、動機付けを工夫することで楽しく効果的に遊ぶことができます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動あそびを提供する時は、自分がやる時だけでなく、

お友達がやっているのを見ている時間も大事にします。

自分の番が終わったらお友達とふざけてしまったり、

自分勝手に動き出してしまう子が必ずいますが、

そんな時にただ注意をするだけではまた繰り返してしまいます。

 

そこで、例えば体操座りで膝の間に鈴を挟んで、

鈴を鳴らさないように座ってみるようにすると、

体を動かさずに座っていることができ、

足を閉じることで太ももの内側の筋力や腹筋も刺激できます。

姿勢良く座るために必要な筋力なので、日々のちょっとしたところに

こうした工夫を入れて、少しずつしっかりと育てていくことが大切です。

 

 

今日は、運動あそびの「さるのぶら下がり」で体を前後に振る遊びのご紹介です。

鉄棒に逆手でつかまって親指をかけてしっかり握り、

腕を曲げて体を持ち上げながらぶらさがります。

足も、膝を曲げて軽く持ち上げておきます。

少し高めの鉄棒の方が最初はやりやすいです。

 

そしたら、体を大きく振って前後に揺らしますが、

この時の動機付けとして、鉄棒の真下にフープを置いておき、

落とし穴に見立てます。

落とし穴に落ちないように、体を大きく振るようにしましょう。

 

他にも、体に鈴を付けておいてたくさん鳴らせるようにしたり、

いろいろな方法でアレンジしながら遊びましょう。

そうすれば、同じような動きでもいつも新鮮でワクワクしながら

遊ぶことができ、力の発達にも効果的になります。