ヘッダー画像

運動あそびは基本の動きにアレンジを加えることで、効果的に脳を育てることができます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私たちが提供している運動あそびは、動きだけを見ると

他のものと大差ないものが多いかもしれません。

クマ歩き、カンガルージャンプ、ウシガエル、ワニ歩き、おサルさんなど、

基本の動きに大きな特徴があるわけではありません。

 

大事なポイントは、その基本の動きをどう子ども達に提供するかです。

子ども達のやりたい気持ちを引き出すような導入、

ただクマ歩きをするのではなく、クマが森を散歩していたら罠がしかけてある・・

などのストーリー設定、豊富なアレンジや、やる気を引き出す声掛け、

スモールステップで達成感をたくさん感じられることなど、

様々な工夫を凝らしてあるのがポイントです。

 

例えば、ただのクマ歩きを長くやっていると、

子ども達は1番にゴールすることだけに楽しさを見出すようになり、

雑なクマ歩きばかりになってしまいます。

そこで、「フープ運びクマさん」でお尻や背中にフープを乗せて

「クマの宅急便屋さん」になって荷物を運ぶようにすると、

丁寧に進めるだけでなく全身に神経を行き届かせて

動くことができるようになります。

 

子ども達に「ゆっくり進んで!」と言うだけではあまり効果がないので、

ゆっくり進めるようなアレンジを加えていくのが効果的な方法です。