ヘッダー画像

指導者と子どもの両方が適度に主導権を握る活動が効果的です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動あそびを提供する時は、

「主導権」をうまくやりとりしていくことが大きなポイントです。

しっかりやって欲しいからと説明が長すぎたり、

声掛けも注意や説明ばかりになって、

完全に主導権を指導者側が握ってしまうと、

子ども達はただやらされている感覚になり、

飽きてきてしまうので、結果活動の質は上がりません。

 

説明は子ども達の興味を引きながら端的に行い、

正しい形を意識した動きを行なった後は、

ある程度自由度を持たせた活動を入れ、その後でまた引き締める、

といったように主導権を移しながら活動していきましょう。

年長児であれば、自分達で遊びを考え、作り、アレンジしていくことを

やってみるのもおすすめです。

 

 

運動あそびプログラムの「魚釣り」をご紹介します。

握力や腕の引き付ける力をつけて鉄棒の上達につなげ、

体のバランスを取るための体幹の力も育てる遊びです。

 

子どもは床にうつ伏せになり、胸までしっかりつけたら、

両手はバンザイのようにして前に出しておきます。

縄の端を結んで小さな輪っかを作っておき、

その輪の中に両手を入れてしっかりと握ってもらいます。

縄の反対側を指導者が持ち、ゆっくり引っ張っていきます。

 

引っ張られるときは腕に力を入れて引き付けるようにし、

体が左右に振られても倒れないように腹筋背筋にも

力を入れた状態で行なうのがポイントです。

 

ずっと同じ遊び方では飽きてしまうので、

子ども達の意見を取り入れながら、遊びをアレンジして遊んでみてください。