ヘッダー画像

幼児期は学習だけに力を入れるのではなく、生活と遊びを通して力を培っていくことが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼稚園・保育園から小学校に上がる接続期は、

子ども達も幼児期から児童期に入る時期で、

子ども達の成長・発達においてとても重要な時期です。

年長児までに規則正しい生活習慣をしっかりと身に付け、

学習に意欲的に向かえる力をつけていくことが大切です。

 

小学校からの学習生活に備えていくのは良いことですが、

幼児期の子どもには、文字や数の勉強のような教育だけに力を

入れるのではなく、日常生活や遊びの中でそういったことに触れ、

自然と身に付けていけるようにすることが大切です。

遊びの中で育てた力は身につきやすく、効果が高いこともわかっています。

 

 

運動あそびプログラムの「平均台カニ歩き」をご紹介します。

平均台は2本を横に並べて幅を広げておきます。

その上に横向きで乗り、両手は顔の横に上げてカニのはさみのように

チョキを作っておきます。

この姿勢を維持したまま、平均台を最後まで渡っていきます。

 

足場が狭いのでつい足元ばかりを見てしまいがちですが、

下を向くとバランスを崩しやすくなるので、

顔を上げて数メートル前を見ながら視野を広げて歩きます。

 

また、この動きを行なうためには

狭い平均台の上でつま先や腹筋背筋に力を入れてバランスをとりながら、

手を上げてチョキにすることも同時に意識しなければいけません。

これが上手にできるようになると、「2つのことを同時に行なう力」が育ちます。

複数のことに意識を向ける力を養うことは、運動の場面だけでなく

日常生活でも大いに役立つ力になります。

遊びながら育てていくことで、しっかりと身に付けていきましょう。