ヘッダー画像

1歳代では人間の基本的な行動を身につけます。さらに発達を促しましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

赤ちゃんは、生まれてから首座り→寝返り→お座り→ハイハイ→立つ→歩く

という過程を、たった1年ほどの間に習得していきます。

1歳2歳頃は好奇心旺盛で、動くことも大好きなので、

全身を大きく使うようなダイナミックな遊びや、

積み木を積むような手先を使った遊びなど様々な遊びを取り入れながら、

さらに成長発達を促していくことが大切です。

 

運動あそびプログラムの「焼いも」をご紹介します。

子ども達に提供する時には、「秋」という言葉から連想できる物を

出していってもらいながら、「みんなで焼いもになってみよう!」

という流れでつなげていくと興味をひきつけられるのでおすすめです。

 

「焼いも」は、マットをつなげて長く敷いた上を転がっていく遊びです。

マットの上に仰向けに寝転がり、手はバンザイをして伸ばしてくっつけます。

足もまっすぐ伸ばしてくっつけておきます。

この姿勢を崩さないように、横にゴロゴロと転がっていきます。

手足や体が曲がると、進行方向も曲がり、マットから落ちてしまいます。

お腹に力を入れて、手足の先まで意識を行き届かせながら

転がっていけるように遊びましょう。

 

慣れてきたらコースに傾斜をつけたり、カーブを入れたり、

2人で手をつないで転がるといった遊び方もあります。

いろいろな遊び方で、子ども達の「やってみたい」気持ちを引き出しながら

繰り返し遊んでいくことが運動の質を高めていくことにつながります。