ヘッダー画像

運動あそびで体を動かすイメージができ、衣服の着脱も上達します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私たちが提供している「柳沢プログラム」の運動あそびは、

子ども達の運動能力や体力の向上だけでなく、

日常生活のレベルアップにつなげることも大事にしています。

 

例えば、障害物をまたぐ、くぐる、避けるといった遊びで

見えている物に合わせて体を動かすことで、

体を動かすイメージが育っていき、洋服の袖に上手に腕を通したり、

ボタンのある服もスムーズに着脱ができるようになっていきます。

ただ体を動かすだけではなく、そこで培った力を日常生活の中で

生かせるようにしていくことがとても大事だと思います。

 

 

運動あそびプログラムの「足掛け振り上がり」をご紹介します。

鉄棒を使った遊びで逆さ感覚や高所感覚を養い、

腕の懸垂力や腹筋背筋、足の力など全身の筋力を刺激して遊びます。

 

まず、鉄棒に両手でつかまり、片方の足をかけてぶらさがります。

体を大きく前後に振って反動をつけていきます。

しっかり反動をつけたら、その遠心力を使って鉄棒の上に乗って止まります。

反動をつけるには、体を後方に向かってしっかり倒す必要があります。

ぶら下がった状態で後方に体を倒すことは、最初は怖さがありますが、

慣れてくると勢いよく行なうことができます。

 

逆さまになる感覚や、自分の体の状態をイメージすることは

実際に体を動かさなければ身に付かない力なので、

繰り返し挑戦し、しっかりと自分の力にしていくことが大切です。