ヘッダー画像

身を守る機能が備わると積極的に体を動かす力になります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達が弱くなっている力の1つに「支持力」という、

体を支える腕の力があります。

この支持力が十分に育っていないと、跳び箱や側転、鉄棒などが

スムーズに習得できないだけでなく、日常生活で転んでしまったときなども、

手を出して腕で体を支えることができないので顔などに怪我をしてしまいます。

 

支持力を身に付けておくことは身を守ることにつながり、

身を守る機能が備わっているという自信が、さらに動きの幅を広げてくれます。

ある日突然身に付く力ではないので、日ごろの継続的な取り組みで

しっかりと育てていくことが必要です。

 

 

「支持力」を育てる遊びの「線路で4方向のウシガエル」をご紹介します。

2本の縄やテープで線路に見立てたものを作ります。

足を開いてしゃがみ、線路の外側についたら、両手は線路の中につきます。

そして、手はついたままで、両足一緒に線路の右側にジャンプします。

次は線路の左側に両足でジャンプしたら、最初の位置にジャンプで戻ります。

そして最後に足を開いたまま前にジャンプして1セットです。

最後のジャンプでは、足の着地位置が手よりも前にいくことを目指して

行なうようにしてみましょう。

 

この動きを繰り返し行うことで強い腕の支持力やバランスを取る体幹を育て、

身体コントロール力を向上させていくことができます。

少しずつ速いスピードでできるように練習していきましょう。