ヘッダー画像

子どもに自信をつけ、自己肯定感を高めることが子どもの生きる力を育みます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

 

子どもの自信や自己肯定感を高めるようにしていくと、

勉強や運動、人間関係などで壁にぶち当たったとき、

その困難に自らの力でぶつかって乗り越えていくことができるようになります。

この自信や自己肯定感は、主に幼児期に育まれていくので、

それを意識した関わりがとても大切です。

 

運動あそびプログラムの「コウモリで予測じゃんけん」をご紹介します。

鉄棒に逆さまにぶら下がる「コウモリ」に変身します。

膝の裏で鉄棒をしっかり挟んだら、片手を離して指導者とじゃんけんをします。

普通のじゃんけんではなく、指導者が出す手を先に伝え、

子どもはそれに勝つ手を考えて出す「予測じゃんけん」です。

 

逆さまの状態では、見える景色が上下左右違って見えるだけでなく、

グー、チョキ、パーの手もいつもと違って見えます。

これを、逆さまであると理解した上でいつもと同じように考えることで

客観的に見ることができるようになります。

そして、逆さまなので普段よりもより聞く力、考える力、判断力が必要です。

 

繰り返し遊び、慣れてきたら勝つのではなく負けるようにしたりしながら

レベルアップして遊んでいきましょう。