ヘッダー画像

幼児期に多様な経験をすることが将来の選択肢を増やし可能性を広げてくれます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期は脳神経のネットワークが組まれていく時期なので、

そのネットワークを強く、そして多様に組み上げていくことが大切です。

例えば「投げる動作」を幼児期から経験している子どもは、

ボールを上手に投げることができるようになりますが、

経験がない子どもは投げ方がぎこちないまま小学校に上がることになります。

そうすると、ドッジボールなどのボール遊びがうまくできない

ということになってしまいます。

 

一度組まれたネットワークを組み替えることは大変な作業なので、

できれば小さいうちからたくさんの体の動かし方を経験しておき、

スポーツの選択肢や、将来の可能性を広げることにつなげていくのが良いと思います。

 

 

運動あそびプログラムの「跳び箱よじ登り→後ろ向き降り」をご紹介します。

3段~6段ほどの跳び箱を用意し、周りにはマットを敷いておきます。

子どもは、跳び箱の上に手と足を使ってよじ登り、

上についたら膝をついて四つんばいの姿勢になって体の向きを変えます。

後ろ向きになれたら、足からゆっくり降りていきます。

 

手と足の先をしっかり使って遊ぶことができる遊びです。

よじ登るときには腕で体を引き付けるので、懸垂力がつきます。

跳び箱の上で方向転換する時は高い場所での動作なので、

高所感覚を身に付けることができます。

そして後ろ向き降りでは、足の指先で確認しながら降りるので

空間認知力も育てることができます。

 

上手にできる子はどんどん高いものに挑戦したくなりますが、

高さだけがレベルアップの方法ではないので、

素早く登って降りることや、連続してやってみるなどの方法で、

レベルアップを目指して遊んでみてください。