ヘッダー画像

「できる」ことから始めるとどんどん運動の質が高まっていきます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が運動を続けていくためには、「楽しい」と感じること、

「もっとやってみたい」「上手になりたい」という気持ちになることが大切です。

大人はできないことを努力してできるようにがんばれますが、

こどもはできないことはやりたくない、嫌だと感じてやらなくなってしまいます。

そこで、まずは「できる」ことからスタートさせて、

こどもと一緒に遊び方を考えたりしながら「やらされている感覚」ではなく、

自分で決めてやっているように仕向けていくことも大切です。

それがやる気や挑戦につながり、結果、運動の質を高めていくことにつながります。

 

 

運動あそびプログラムの「前後のステップ遊び」をご紹介します。

足元に1本の線を引きます。

まずは線を前後にまたいで遊びます。

線の前で2回足踏みをし、次は線の後ろで2回足踏みをします。

リズム良く止まらずにできるようになったら、次は線の前で1回、

後ろで2回の足踏みをします。

それもできたら、線の前で2回、後ろで3回にも挑戦してみましょう。

 

最初は指導者が一緒に動いて見本を見せながら、ゆっくり始めます。

足を細かく動かすには、次の動きを予測して体重移動をする必要があります。

上半身も連動させて、フラフラせずにできるように繰り返し行ないましょう。

2~4人ごとでやると、揃った時の見栄えが良いので、

グループ分けをして、いろいろなステップを考えて遊ぶと楽しめます。