ヘッダー画像

幼児期は運動神経に様々な刺激を与える遊びを経験することが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの発達を調べると、幼児期は神経系の発達が盛んな時期で、

脳神経のネットワークが組まれて、いろいろな情報処理をすることが

できるようになる時期ということがわかっています。

この時期に多種多様な刺激を与え、様々な経験ができるようにすることが大切です。

 

 

運動あそびプログラムの「ミニハードル走り」をご紹介します。

ミニハードルは、子どもの膝くらいの高さの物を用意し並べます。

なければ椅子にゴム紐をくくりつけて作っておきます。

そして走りながらハードルを跳んでいきます。

 

走りながら跳ぶことが大事なので、ハードルの前で一旦止まったり、

両足で跳んだりしないように流れを意識します。

そして、ジャンプの大きさも大きすぎたり小さすぎたりしないように

最初に良い見本、悪い見本を見せることで示します。

 

このような複雑な動きもスムーズに行なうことができるように、

繰り返し行い、体のコントロール力を高めて遊んでいきましょう。