ヘッダー画像

友達と一緒に遊ぶことで子どもの社会性を育てていきましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの遊び時間に、1人で自由に遊ぶ時は自分のペースで

自分がやりたいように進めることができますが、

友達と遊ぶことで、相手を意識して人のペースに合わせること、

友達と共通イメージを持つことができるようになります。

これができるようになると社会性が育ち、グループ活動などで友達と一緒に

活動することができるようになってくるでしょう。

 

運動あそびの「手押し車じゃんけんであっち向いてホイ」をご紹介します。

手押し車は、2人ペアになって行ないます。

ペアを作るときのポイントは、体格や運動技術が同じくらいの子同士をペアにすることです。

ペアになったら、1人が片足クマになって片足を上げます。

もう1人はその足の間に入り、膝の辺りを持って足を持ち上げます。

そして前の子のペースに合わせてゆっくり進んでいき、

ホールの中を自由に歩き回ります。

途中、指導者が「じゃんけんをしましょう」と言ったら、

動きを止めて近くにいる子とじゃんけんをします。

片手だけで体を支えることになるので、最初はじゃんけんだけで良いです。

慣れてきたら、あっち向いてホイまで挑戦してみましょう。

 

腕の力だけでなく、腹筋や背筋にも力を入れてお尻を上げるように意識すると、

体幹が鍛えられるだけでなく後ろの子も持ちやすくなります。

主導権は前の子にありますが、お互いがやりやすいように考えてできるように

役割を交代しながらたくさん遊びましょう。