ヘッダー画像

幼児期は社会性、想像力、言語力も高める「ごっこ遊び」でたくさん遊びましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が好きな遊びの「ごっこ遊び」は、想像力を高めたり

社会性やコミュニケーション能力を養いながら言葉の発達も促すことができる、

幼児期にとても良い遊びです。

環境を整えたり、発想を妨げないように見守りながら、

大人も時には一緒に入って楽しく遊び、子どもの発達を促すことも大切です。

 

運動あそびプログラムの「糸人形ごっこ」をご紹介します。

子ども達は2人組みになり、操る人と操られる人を決めます。

操る人と操られる人の体の部位(手、足、頭など)を見えない糸でつなげます。

そしたら、操る人はゆっくりとその部位を動かし、

操られる人は動きをよく見て同じように動かしましょう。

 

実際に縛られてつながっているわけではなくても、

見えない糸をイメージして相手と同じように動かすことで、

遊びを共有し、相手に合わせる社会性やコミュニケーション力が育ちます。

同じ動きを真似するほかにも、見えない糸でしばった部位を引っ張っる真似をして

遊ぶ方法もあります。

 

ゆっくり体を動かすことで体のコントロール力や抑制力も身に付くので、

相手を変えたり上手な人の見本を見たりしながら楽しく遊び、

力の発達を促していきましょう。