ヘッダー画像

普段ぼーっとしがちな子には切り替え力を養う遊びが効果的です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

普段ボーっとしていることが目立つ子や、感情のコントロールが苦手な子には、

「切り替える力」を育ててあげることが必要です。

子どもは遊びの中で学んだことは身につきやすいので、

日々の遊びの中にその要素を取り入れたものを提供するのがおすすめです。

 

運動あそびの「汽車で合図がなったら忍者座り」をご紹介します。

子ども達は汽車になって、両手を車輪のように体の横で回しながら

「シュッシュポッポ」とみんなで時計回りに走ります。

指導者が「敵がきたぞー!」と合図をしたら、子ども達はその場で止まり、

素早く立ち膝になって木に変身します。

立ち膝になる時は、すばやく立てるように足の指と足首を立てておきましょう。

そして、敵が通り過ぎたらまた汽車になって走ります。

 

自由に動く→静止するという素早い切り替えで動きにメリハリをつけ、

集中力や抑制力を育てることができます。

そして、この切り替える力がついてくると感情のコントロールもできるようになります。

また、汽車の車輪をイメージして動いたり、忍法変わり身の術で木になる

という設定は想像力を養ってくれるので、指導者も汽車や忍者になりきって

一緒に遊ぶようにすることが大切です。

慣れてきたら、止まるときのポーズを変えたりしながら遊んでいきましょう。