ヘッダー画像

子どもが目標を持って取り組めるような声掛けが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に指導をする時には、子どもが自分なりの目標を持って、

それに向かってがんばれるようにすることがとても大切です。

最初のステップができたら「上手にできたね。」と褒めた後に

「じゃあ今度はこんなのに挑戦してみよう。できるかな?」と

誘導していくと、子どもはとてもやる気を持ってがんばることができます。

 

運動あそびの「静かな前回り降り」をご紹介します。

鉄棒の前回りは、上手になればなるほど速く回ることに楽しさを見出すようになります。

でも、速く回ると腕の力をまったく使わずに回ることになります。

極端に言えば、手を離して回ってもお腹と太ももでしっかり鉄棒が挟めていれば

鉄棒から落ちることもありませんが、それでは腕の力がついていかないので

腕の力が必要な逆上がりにはつなげていくことができません。

 

そこで、前回りをしたら勢いで着地するのではなく、

一度腕に力を入れてから、ゆっくり静かに着地する練習をしてみましょう。

そうすることで腕の力が育つとともに、回転をコントロールすることも

できるようになるので、体の操作能力が上がります。

「音を立てない」ことを目標にして、楽しく遊んでいきましょう。