ヘッダー画像

発達が著しい幼児期に能力を高める遊びをたくさんしましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの心、体、脳は幼児期に著しく発達します。

この時期に様々な経験や体験をすることが、子ども達の発達を促し

健康な心と体作りにつながります。

 

「記憶力」も幼児期に大きく伸びる力です。

記憶力を刺激する運動あそびの「スキップで記憶遊び」をご紹介します。

まず、鉄棒、跳び箱、コーンや平均台などを使ってコースを作ります。

このコースを、言われた順番通りにスキップをしながら回ってきます。

ただ端からこなしていくのではなく、指示された順番で行なうのがポイントです。

全身を使うことができるように動きを考え、

途中で積み木をタッチしたり、鈴を鳴らすような動きも取り入れて

楽しく遊びながら記憶力を育てていきましょう。

 

屋内でも屋外でも遊ぶことができ、子ども達にコースを作ってもらったり

コースの設定を考えてもらったりすることもできます。

そうすることで自分の意見を言うことや、相手の意見を聞くこと、

みんなで協力することなども覚えていくことができ、

みんなで決めたルールはしっかり守りながら、積極的に向かうことができます。

話し合いの時にはできるだけ大人は口を出さず、

子ども達だけで決められるようにすることも大切なポイントです。