ヘッダー画像

いろいろな生活経験を積み重ねることが子どもの考える力を育てます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上。

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達は、小さいうちからいろいろな生活経験を積み重ねることによって、

何かが起きたとき選択や判断をすることができるようになっていきます。

幼児期にたくさんの経験をしておくことは、

子どもの「考える力」を育てるという意味でも重要なことです。

そして子どもが興味を持ったことにはできるだけ付き合い、

さらに知識を深めていくことができるような働きかけをすることも大切です。

こんなことを日々の関わりの中で自然に意識できると良いと思います。

 

そして、幼児期には思いっきり体を動かすこともとても大切です。

いろいろな動きを経験しておくと、自分の体を思い通りに動かせるようになります。

 

 

運動あそびの「線上鬼ごっこ」という遊びをご紹介します。

床に長い縄をくねくねさせながら置き、輪のようにしておきます。

途中には障害物を置いたり、わき道もいくつか作っておきます。

そして、この縄の上だけで鬼ごっこをします。

 

鬼ごっこは、自分も動きながら鬼の場所を確認したり動きを読んだりするので、

とても良い遊びです。

この線上鬼ごっこでは動ける場所が縄の上だけと限られているので、

さらに考えて動く力や先を読むことが必要になります。

そして、落ちないようにバランスをとったり障害物を避けることで

さらに難易度を上げながら、いろいろな力を刺激して遊ぶことができます。

ルールを守ることでも社会性を育てながら、

みんなで楽しく遊べるように工夫していくことが大切です。