ヘッダー画像

幼児期にはいろいろな言葉に接し豊かな語彙力を身に付けることが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもは3歳頃になるといろいろな言葉を覚えて巧みに使い、

大人と会話をすることができるようになります。

その後も4歳、5歳、6歳とどんどん言葉を覚えていきますから、

幼児期にできるだけ多くの言葉に接する機会を持ち、経験を増やすことで

子どもの発達を促していくことが大切です。

 

 

運動あそびの「片足クマさん」をご紹介します。

片足クマさんは、四つんばいからひざとお尻を上げて歩くクマ歩きから、

片方の足を上に上げて両手と片足で歩く動きです。

腕の支持力、首筋、腹筋、背筋、足の力と全身の筋力をバランスよく

育てることができるので、とてもおすすめの動きです。

 

この片足クマを習得していくのにも、いくつかの段階を追っていきます。

まずは細かいことは気にせずに、両手と片足の3本で歩くことができるように練習します。

次は、上げている方の足を高く上げなくても良いので、

まっすぐ伸ばしたまま歩くことを意識します。

次は、両手をバラバラではなく同時につくことを練習していきます。

最後に、両手を同時につき、上げた足はできるだけ高い位置で

まっすぐに伸ばして歩くことを目指していきます。

このステップで進めていき、子ども達の腕で体を支える力を育て、

側転の動きにつなげていくのが片足クマさんです。

 

指導者の上手な見本やわかりやすい声掛けで、1つずつステップアップしながら

確実に力をつけていくことができるように指導し、

縄やカップ、複雑なコースなどのアレンジや楽しいストーリー設定で、

子ども達がいつもわくわくしながら遊べるようにしています。