ヘッダー画像

転びやすい子にはバランス力を高める忍者遊びがおすすめです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

日常生活でよく転んでしまう子は、足の指先の踏ん張り力や土踏まずの未発達、

体幹の弱さからくるバランス力の無さなどが原因となっています。

これらの基礎的な力をしっかりと遊びの中で養い、

バランスの良い、動ける体を作っていきましょう。

 

運動あそびプログラムの「忍者走り」をご紹介します。

子ども達は指導者の後ろに一列に並んで、列を乱さないように

前の人についていくことを約束しておきます。

そして、音を立てないように静かに走ることを伝えて走り出します。

音を立てずに走るには、かかとを上げてつま先立ちで

地面に吸い付くようなイメージで足を動かすと上手に走れます。

普段と違う足の運びをすることで、よりバランスをとる力や

体を調整するといった力が育ちます。

 

静かに走ることを強く意識付けるために、忍者になりきって、

「敵に見つからないように静かに走るんだよ!」と

指導者も忍者になりきってお手本になることが大切です。

そして、途中から「敵の忍者が手裏剣を投げてくるから、

「危ない!」と言ったらしゃがんで避けてね。」と伝え、

時々しゃがむ動きも入れていきましょう。

そのときも騒がずに静かに行なうように促し、抑制力や集中力も

しっかりと身につけていけるように行ないましょう。