ヘッダー画像

逆上がりの習得には上手な補助もポイントです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

逆上がりの補助をする時には、少し押してあげるだけで回れる子と、

補助者に完全に身をゆだねてしまって、

力いっぱい回してあげなければ回れない子がいます。

この違いは、逆上がりをする時に足をどの位置に持ってくれば良いかを

わかっているかどうかの違いで分かれてきます。

足を上げる位置を教えるためには、必死に回ろうとしている時に言っても

わからないので、前段階の足を蹴り上げるための遊びを提供したり、

「前回りからの逆上がり」で足を上げる位置をわかりやすくしていきます。

 

前回りからの逆上がりのやり方は、前回りをしたらそのまま足を下につけずに

上に持ち上げていって、逆上がりをします。

最初から1人ではできないので、逆上がりに移行するときに少し補助をしてあげます。

この動きを繰り返しいくと、腕を曲げながら足を上に持ち上げるという動きが

体でしっかりと理解できてきます。

これをやらずに逆上がりの練習だけをしようとすると、

足を上げることだけに一生懸命になって、腕を曲げることがおろそかになり、

なかなか逆上がりを達成することができません。

 

子どもの段階に合わせた動きを提供していくことが、

子どものやる気を損なわずにスムーズな技術習得につながります。

ステップアップしていく時は必ずスモールステップで、

子どもの興味をひくような楽しい工夫をしながら行うことで、

楽しみながら力をつけていくことができるのでとても良いと思います。