ヘッダー画像

子どもの脳は、使い方次第でどんどんイキイキします。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

昔に比べて生活のあらゆることが便利になった現在、

人の脳機能は確実に低下していると言われています。

それは大人も子どもも同じで、成長発達の途中にある子ども達には深刻な問題です。

脳機能を向上させることは、集中力や判断力を上げ、感情のコントロールや

運動能力の向上にも大きく関わりがあります。

脳をしっかり使ってあげることで、子ども達の心と体も育てていかなければいけません。

 

子ども達が遊び感覚で様々な能力を向上させていくことができる

魔法のような運動プログラムが、私たちの提供する「柳澤運動プログラム」です。

その中から「らっこさんゴロゴロ」遊びをご紹介します。

 

子ども達は横一列で、頭を進行方向に向けて仰向けになり両膝を立てておきます。

スタートの合図で足で地面を蹴りながら進みます。

途中で指導者が「ゴロゴロゴロ!」(カミナリの音)と言ったら、

素早くうつ伏せのわにさんの姿勢になります。

そしたらまたらっこさんに戻って進みます。

これを繰り返して、ゴールまでらっこさん→わにさんで進んでいきます。

 

すばやくうつ伏せになるための意識付けとして、

「らっこさんは、カミナリにおへそをとられないように

急いでわにさんに変身するんだよ!」と声掛けをすると効果的です。

指導者はカミナリになりきっておへそを取りに行くふりをすると、

子ども達も盛り上がり、素早く動けるようになるのでおすすめです。