ヘッダー画像

逆さまになる感覚は3歳頃までには身に付けておきたい力です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が体を動かしていく上でとても重要になる力の1つが「逆さ感覚」です。

逆さまになる感覚に慣れていないと、鉄棒やマット運動で逆さまになった時に

怖くて体が強ばってしまい、怪我につながりやすくなります。

思い切り体を動かして楽しむことができるように、

0、1、2歳のうちから逆さ遊びを経験し、感覚を育てておくことが大切です。

 

子どもに逆さ感覚が育っているかをチェックする方法をご紹介します。

まず、子どもを抱っこした状態で子どもの足を大きく開き、

大人の骨盤の上辺りに沿わせるようにします。

大人の左手は子どものお尻、右手は首の辺りを支えるようにしたら、

そのままゆっくり子どもを前に倒して逆さまにしてみます。

慣れていないと怖いので、大人は体を密着させた状態で倒れていきましょう。

 

これを何回か行なったら、一緒に体を倒していった後、

大人は体を起こして子どもから離れてみましょう。

この時に怖がっていなければ、手はバンザイで顎が開いた状態になります。

怖がってしまっていると、顎が閉じて体が緊張してこわばった状態になります。

この状態で怖がっている場合は、まだ逆さまの感覚が身に付いていません。

この動きを繰り返し行なっていくことで、逆さ感覚を身に付けていきましょう。

 

2~3歳頃での遊び「抱っこからグルリンパ」をご紹介します。

子どもと1対1で遊びます。

まず子どもと向かい合ったら、両方の手のひらを子どもに向けて出し、

しっかりと親指を握らせます。

そしたら子どもの手を握り、「1,2の3」で上に跳び上がらせ、

同時に足を開いて大人のお腹から腰に足を回してしがみつきます。

足でしがみつくことができたら、握った手は離して子どもの後ろに回して支え、

子どもはそのまま後ろに倒れて逆さまになります。

逆さまになった時に手がバンザイできていたら、

両手を子どもの腰の辺りに持ちかえ、子どもの足を手の間から抜くように回転させます。

子どもは床に手をついて足の裏でしっかり着地しましょう。

この遊びで、逆さ感覚や回転感覚を身に付けていくことができるので、

ぜひ保育園や幼稚園だけでなく家庭での親子遊びとしてもやってみて欲しいと思います。