ヘッダー画像

手先の器用さを身に付けるには、細かな動きの前に大きな動きから身に付けていきます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

手先の細やかな動きは、日常生活でも遊びでも学習でも必要になる力で、

幼児期に育てることで脳の発達に大きく影響し、

子どもの知能を高めることにもつながる重要な力といえます。

だからといって、最初から細かな動きのものをやらせるのではなく、

まずは肩や腕の力をつけ、次第に指先を使う動きへ発展させていくことが

発達の段階に応じた正しい方法です。

ゆくゆくは自分で上手に箸を使ったり、服のボタンを留めたり、

塗り絵や字を書くことにつなげていけるようにゆっくり育てていきましょう。

 

鉄棒にぶら下がるような遊びでも握力を付けることができるので、

その後の手先の器用さの獲得につながっていきます。

運動あそびではぶら下がり遊びも種類が豊富にあります。

 

運動あそびの「ジェットコースター」をご紹介していきます。

子どもは床にうつ伏せになり、両手を前に伸ばします。

そしてフラフープの端を両手でしっかりと握ってもらいます。

反対側を大人が持ち、そのまま引きずって歩きます。

顔が下に下がると床にぶつけたり擦ってしまうので、

顔は前を向き、背中をそらせて背筋も使えるようにしましょう。

まっすぐ進むだけでなく、左右に曲がることでバランスをとるための

体幹の力も鍛えられるようにして遊びましょう。