ヘッダー画像

基礎力をつけるためには日常の中に自然に取り入れていくのが効果的です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達に不足している、腕で体を支えるための「支持力」は、

毎日少しずつでも継続していくことで身に付く力です。

そのため、運動の時間だけ「クマさん歩き」や「カエル跳び」を行なうよりも

日常生活の中に取り入れていくことが大事になります。

 

例えば廊下にクマさんの足型やテープを貼って線路を作っておき、

廊下を通って移動するときにクマさん歩きで移動して、

帰りは違う動きで帰ってくるようにするだけでもかなり違ってきます。

廊下を移動する場合はカンガルーなどジャンプ系の動きは向かないので、

犬歩きやクマ歩きがおすすめです。

 

運動あそびの「電車クマさん」をご紹介します。

床には2本のテープを25~30cm幅くらいの間を空けて

平行に貼って線路を作っておきます。

その2本のテープの上に手足を乗せ、落ちないように前を向いてクマ歩きをします。

手足を動かして進むとき、特に足は全く見えない位置で動かすので

線路から落ちやすくなります。

時々確認しながら、落ちないように歩いていきましょう。

 

線路から外れないことを強く意識付けるためには、

先生の大げさな例を見せると、子ども達もわかりやすいです。

線路から足が外れて大げさに転がるようなへたな見本を見せて、

なんとなく進んでいかず、丁寧にできるように意識付けて遊びましょう。