ヘッダー画像

姿勢が悪くすぐ寝転んでしまう子にはジャンプ遊びがおすすめです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達を見ていると、

・姿勢が悪い

・じっと座っていられない

・すぐに寝転んでしまう

・転びやすい

という姿がとても多く見られます。

これは体幹の筋力がかなり低下している状態です。

 

筋肉を動かすことは脳に刺激を与えることにもなるので、

姿勢の悪い筋肉を使っていない状態で机に向かっても

脳が活発に働かないため集中することができません。

上記のような子ども達には、ジャンプ遊びがとても効果的です。

日常的な遊びの中でしっかりと基礎筋力を養うことで、

学力の向上にもつなげていきましょう。

 

運動あそびの「ジグザグタオル回しジャンプ」をご紹介します。

この遊びで、短縄跳びの腕回しとジャンプのタイミングを合わせる練習ができます。

まず、テープで床にジグザグコースを作っておきます。

両手にタオルを1本ずつ持ち、前回しをしながらジャンプして進んでいきます。

腕をめちゃくちゃに回したり、足がバラバラのジャンプにならないように、

丁寧に行なうことを大切にして遊びましょう。

徐々に腕回しとジャンプのリズムを合わせることも意識しながら行なうと、

短縄跳びの上達につなげていくことができます。