ヘッダー画像

「睡眠」「食事」「運動」子どもの生活リズムを整え、脳をイキイキさせましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

就学前に身につけておきたい力として「生活習慣」があります。

私たちは、意識しないと遅寝・遅起きになってしまいがちです。

これは大人だけでなく子どもも同じなので、大人がしっかりと

良い生活リズムになるように導いてあげなければいけません。

 

良い生活リズムを作るためにはやはり昔から言われているように

「早寝・早起き・朝ごはん」がとても大切です。

早く寝るためには朝早く起きて朝ごはんをしっかり食べ、

昼間しっかり体を動かして、お腹をすかせて夕食を早めにとり、

早めに布団に入ることを心がけていきましょう。

日々の積み重ねが子ども達を大きく育てます。

 

そして「朝の運動」も、自律神経のバランスを整えるのに効果的です。

ぜひ運動あそびで朝から楽しく体を動かして遊んでください。

 

 

運動あそびの「さるの輪投げ」をご紹介します。

鉄棒を使って、逆上がりに必要な腕の力、腹筋、足を蹴り上げる力を育てます。

まず、鉄棒にぶら下がり足を閉じて膝を曲げて上に上げます。

指導者はその足に向かって直系30cmほどの小さいフープを

輪投げの要領でどんどん投げていきます。

できるだけたくさんのフープを足にかけることができるように挑戦します。

慣れてきたら友達と競争したり、チームで競い合っても楽しく遊べます。