ヘッダー画像

運動あそびは運動しながら考えるので、脳を活性化させることができます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私たちの提供する運動あそびでは、ただ運動をするだけではなく、

運動しながら頭を使って遊ぶことも大切にしています。

脳は使えば使うほど鍛えることができます。

反対に、使わなければどんどん機能が低下していきます。

脳は筋肉よりも変化しやすいので、たくさん刺激を与えて鍛えていきましょう。

 

運動あそびプログラム「コウモリでなぞなぞゲーム」をご紹介します。

鉄棒で逆さまにぶら下がるコウモリに変身したら、

指導者の出すなぞなぞや質問に答えて遊びます。

あまり難しいものではなく、誰でもわかるような簡単な質問から始めましょう。

例えば年齢や好きな食べ物などから始めて、

1つの質問に答えれるようになったら2つ、3つと質問を増やしていきます。

動物の鳴き声を当ててみたり、簡単ななぞなぞにも挑戦していきましょう。

 

逆さまにぶら下がった状態で行なう遊びなので、

まだ逆さ感覚が身に付いていない子は体が硬直してしまって

冷静に考えることができません。

無理に行なわず、すぐに足抜き回りで降りても良いので、

子ども達1人1人の様子をよく見て指導するようにしましょう。