ヘッダー画像

投げる動作も苦手な現代の子ども達に、幼児期からの遊びで力を養っていきましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達は、ボールを投げるような動作も苦手な子が多くなっています。

ボールを投げるには、ボールを落とさないように手に乗せたまま、

大きく振りかぶって投げるという動きになりますが、

これは経験していないとなかなかできるものではありません。

 

小さい頃からこの動きを経験していくことが大切なので、

3、4歳ころから少しずつ練習していきましょう。

初めはつかみやすいようにボールではなく、ビニール袋に丸めた新聞紙を

入れたものを使って遊ぶのがおすすめです。

これだと上に振りかぶっても落ちにくく、

遠くまで転がっていくことがないので安心です。

 

このビニールのボールをまずは下に向かって投げます。

下に投げることができたら、次は上に投げてみましょう。

この遊びで、「つかむ→脇を上げて振りかぶる」という動きを身につけることができ、

少し大きくなってボールを投げるときにも、難なく投げることが

できるようになっていきます。

 

大きくなってからいきなりできるようになるわけではないので、

小さい時からいろいろな動きを経験し、力をつけていくことがとても大切です。