ヘッダー画像

年長さんになったら、目的を持って始めることを大切にしましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

保育園の年長さんくらいになったら、運動あそびをする時にも

目的を明確にして行なうことが大切になってきます。

これからやる動きがどんな姿につながっていくのか、

どんなことを目指してやれば良いのかを伝えずにやっていると、

子ども達もだんだんだらだらと活動するようになってしまいます。

活動の始めに目的を明確に伝えてから始めるようにしましょう。

 

運動あそびの「忍者開脚跳び」をご紹介します。

開脚跳びを行なうとき、最初から助走をつける必要はありません。

しっかりとポイントを押さえた動きを身に付けてから、

助走をつけた開脚跳びに移行しましょう。

まず、跳び箱の前に立ち、足は閉じておきます。

両手を跳び箱の前方中央部分につき、顎は開いて前を向きます。

そしたら膝を曲げてジャンプをし、ジャンプと同時に足を大きく開き、

着地の時はまた足を閉じてピタッと着地をします。

 

この足の動きがなかなか難しい子がいます。

その場合、手をついて足を開きながらジャンプする部分だけの練習をし、

1つ1つの動きをしっかり覚えてから一連の動作ができるように

段階を踏んで練習していきます。

ただ、それだけではつまらなくなってしまうので、

時には補助で跳ばせてあげることも入れながら

楽しんでできるようにしていくことが大切です。