ヘッダー画像

声掛けと遊び方の工夫が質の高い運動あそびのポイントです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動あそびでの動きには、1つ1つに”押さえておきたいポイント”があります。

例えばカンガルー跳びでは足を閉じてジャンプをすること、

クマ歩きではお尻を高く上げること、などです。

それを意識するために、カンガルーでは膝に”魔法ののり”をつけたりして、

子ども達が膝をくっつけることを意識できるようにしたりします。

クマ歩きでも、「お尻を高く上げて!」と言っても、

子ども達はすぐに忘れてしまってお尻が下がってしまうので、

そんな時は「キャタピラクマさん」がおすすめです。

 

「キャタピラクマさん」では、まず子ども達は2人ペアになります。

1人は床に寝転がって手足を体にくっつけてまっすぐになります。

もう1人はその上に覆いかぶさるようにクマさんになります。

こうすると自然に膝とお尻が上がります。

この状態で、2人で息を合わせて進んでいきます。

下に入っている子はごろごろ転がっていくので、

クマさんの子は友達を踏んだり置いていったりしないように

しっかり見ながら動きをあわせることが必要です。

お互いに相手を意識しながら動くことは、強い社会性を育てます。

 

このように、アレンジしていくことで育つ力を増やしながら

目的の力をしっかりとつけていくことができます。

いつも子ども達の様子を見ながら、今必要な動きを提供していくことが

とても大切なことだと思います。