ヘッダー画像

子どもが楽しく運動するためには大人が楽しむことが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動あそびを提供する時は、何よりも楽しく取り組んで欲しいですよね。

子ども達が楽しく、そしてたくさん体を動かして遊ぶためには、

まず大人が楽しめること、たくさん動くことが大切になります。

大人がだらだらとやっていたり、口先だけで指示を出していたら、

子ども達もその運動をやってみたくはなりません。

だからといって大人もくたくたになってしまっては困るので

ある程度工夫が必要になりますが、

子ども達のやる気を引き出すような上手なお手本や導入方法で、

一緒に楽しく遊ぶことを意識して行なうと良いと思います。

 

運動あそびプログラムの「足閉じウシガエル」をご紹介します。

通常のウシガエルの動きは、両手をパーに開いてくっつけて中につき、

足を手の外側に大きく開いて跳びますが、

今回はそれを反対にして行ないます。

両手をパーにしたら左右に開いて外側につき、

足は閉じて手の間に通すように跳びます。

2本のテープなどで線路を作ると手足をつく位置がわかりやすくなります。

 

通常のウシガエルよりも腕にかかる負荷が増えるので、

腕の力がついてきたら挑戦してみてください。

そして、手の間に足を入れるように体を動かすという動きは、

鉄棒の上で足を振る動きや跳び箱を跳び越す動きにもつながります。

たくさん遊びこんで、自分の体を自分でコントロールできるように

身体能力を上げていきましょう。