ヘッダー画像

記憶の操作力や集中力が弱い子は声掛けで体が動かしやすくなります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

保育園や幼稚園、小学校などの集団で運動あそびの指導をするときは、

子ども達全員が同じ運動能力を持っているわけではないので、

個々の様子をしっかりと見極めることが大切になります。

子どもは簡単すぎても難しすぎても楽しくなくなってしまいます。

同じ運動を提供するとしても、レベルを調節しながら提供するのがポイントです。

得意な子にはさらに上を目指せるように、一段階上の動きを教え、

苦手な子にはどんな力が足りないのか、そしてそこを補うためには

どんな遊びが必要なのかを見極めて力を育てていくようにします。

 

運動あそびプログラムの「両手つき片足クマ」をご紹介します。

片足クマは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢から、

片方の足を上げた形です。

上げた足はまっすぐ伸ばして高く上げるのが理想ですが、

最初は難しいので足が曲がったり低い位置になってもかまいません。

そして、手をつく時に慣れるまでは片方ずつバラバラにつきますが、

今回は両手を同時につくようにします。

両手→片足→両手→片足の順番でつきながら進めるように、

声掛けを常にしながら行うと子どもは動きやすくなります。

 

この両手を同時につく動きは、強い腕の力を育て、

跳び箱や側転の動きにもつながってきます。

腕の支持力や腹筋背筋がついてきたら、ぜひ挑戦してみてください。