ヘッダー画像

子どもが二足歩行を始めたら、大人が意図して腕の力を育てることが必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもは、個人差はありますがだいたい1歳半から2歳頃になると

二足歩行を始めるようになります。

そうすると、腕で体を支えることが少なくなるので腕の力を使うことが減ります。

現代の環境では、自然に任せておいては子どもの基礎的な力は育たないので、

大人が意図的に腕の力が育つような遊びを提供することも必要です。

 

運動あそびの「跳び箱でカエルの足打ち」をご紹介します。

低い跳び箱を用意し、両手をパーに開いて跳び箱につきます。

そして顎を開いて前を向いたら、「1,2の3」の声に合わせて

足を上に上げて両足を打ち合わせます。

この動きで必要になるのは、腕で体を支える支持力、腹筋背筋です。

そして、バランス力、高所感覚、体のコントロール力、リズム感も育ちます。

タイミングを合わせて足を上げ、2回足打ちができるように練習します。

 

感覚が身に付いていないと足を上に上げることができないので、

少しずつ力をつけ、足を上げる位置がだんだん高くなるようにしましょう。

跳び箱や側転がふわっときれいにできるようになります。