ヘッダー画像

4歳頃からは、2つの筋肉を同時に使うような動きがおすすめです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

4歳頃になったら、体を動かしながら脳で一定のリズムを刻むような

「協応運動」を取り入れていくことがおすすめです。

体をリズム良く器用に動かすことができるように、

子ども達の発達段階に合わせた動きを提供し、力の発達を促していきましょう。

 

運動あそびの「すずめの飛び立ち」をご紹介します。

まずは鉄棒の上ですずめに変身します。

両手で鉄棒につかまって跳び乗ったら、肘を伸ばして顎を開き、

足は閉じてまっすぐに伸ばして止まります。

次に、この姿勢から足を閉じたまま前後に大きく振ります。

足を閉じる時は、足の指先と内股に力を入れるときれいに閉じることができます。

そして、「1,2,3」でタイミングを合わせて後方に跳びおります。

足の反動を活かし、鉄棒を両手で押すようにしてジャンプしてみましょう。

 

足を振るときに腹筋や背筋を刺激することができ、何よりもリズム感が育ちます。

上手に足が振れない子には、太ももを押すように補助をし、

後方へ跳ばなくても下に着地するだけでも良いです。

徐々に自分の力で足を振り、跳びおりることができるように練習しましょう。