ヘッダー画像

日常生活のあらゆる場面で必要な空間認知力を育てましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

空間認知能力は、物との距離や大きさ、方向をはかったり、

広さや高さなどを把握するために必要な力です。

そしてこれは、日常生活の中でもかなり重要になる力です。

空間認知能力が低いと、物や人にぶつかる、ちょっとした段差でも転ぶ、

立体が把握できない、漢字が苦手というようなことにつながります。

日々運動あそびをすることで、遊びながら確実に力を養っていきましょう。

 

運動あそびの「大人の足を渡るクマ歩き」をご紹介します。

大人は足を大きく開いて座ります。

子どもはその足の上を、足に当たらないように気をつけて

クマ歩きで渡っていきます。

どこに手足をつけば当たらずに進めるかを考え判断することで

空間認知能力が発達します。

特に足は見えないので、慎重に考えて動かす必要があります。

 

1回渡ったら終わりではなく、何度も行ったり来たりして遊びましょう。

ずっと同じだとつまらなくなってしまうので、

座る人をつなげて増やしたり、足の開き具合を変えてみたりしながら

楽しく遊べるように工夫していきましょう。