ヘッダー画像

体幹の力をつけ、バランスの良い身体を作っていきましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

体幹の力は、人間にとってとても重要な役割を果たしています。

体をひねったり手足を伸ばす、ジャンプをする、

立つ、座る、歩くなどの動きで必要になる力で、

日常的な動作でも運動をする場面でも重要な力になります。

今の子ども達に積極的につけていきたい力でもあるので、

ぜひ、楽しい運動あそびで効果的に身につけてほしいと思います。

 

運動あそびの「ジグザグ片足クマ」をご紹介します。

片足クマ歩きでジグザグコースを歩く遊びです。

片足クマは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマさんから、

さらに片足を上げて歩く動きで、腹筋や背筋といった体幹の筋力や、

腕で体を支えるための支持力を強く育ててくれますが、

繰り返し行なうことがとても大切なので、遊び方に工夫が必要です。

そこで、ただまっすぐ歩く片足クマだけでなく、

コースをジグザグにしたり、障害物を置いたり、カップをタッチしたりと

いろいろな要素をプラスしていくことがポイントです。

そうすることで、楽しさが増すだけでなく育つ力も増えていくので、

ぜひいろいろなアレンジをして遊んでみてください。