ヘッダー画像

集団行動が苦手な子には次の活動への期待感を膨らませられるような声掛けが効果的です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に集団行動を身につけていくためにはいろいろなコツがあります。

例えば子ども達を集めるとき、なかなか集まってくれない子には、

これから行なう活動に興味を持てるような声掛けをすると効果的です。

運動あそびでは、いろいろな動物に変身して遊ぶので、

動物に変身するところから始めていくとスムーズです。

例えば「長いお耳で、ぴょんぴょん跳びはねるのは?」から始め、

「お腹がすいたうさぎさんがごはんを探しに行くよー!」と導入していくと

子ども達は楽しんで活動に向かうことができます。

動きは同じでも、興味を持って楽しく行なうことがとても大切です。

 

今日ご紹介する運動あそびは、「合図で回転」です。

まず、体を横向きにしてステップを踏むように横跳びをしていきます。

イメージしにくい場合は、カニ歩きから進めていきましょう。

 

横跳びをしている途中で、指導者がタンバリンを叩いて合図をします。

合図があったらその場で1回転ジャンプをして、また横跳びに戻ります。

1回転ができない時は半回転でも良いので、

合図があったら素早く反応してジャンプに切り替えます。

 

聞く力や切り替え力、合図を聞いて動くことで社会性も身に付いてきます。

子ども同士がぶつからないように広い場所で行ってください。