ヘッダー画像

転びやすい子、走るのが苦手な子におすすめな遊び「坂道後ろ走り」をご紹介します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

速く走るためには全身の筋力が必要ですが、足の指の力もとても重要です。

今の子ども達は、足の指先で踏ん張る経験が少ないので

積極的につま先を刺激する運動をして、土踏まずの形成も促していきましょう。

 

これからご紹介する運動あそびプログラムの「坂道走り」は、

普段転びやすい子や、走るのが苦手な子にとてもおすすめです。

また、後方感覚や平衡感覚も養っていくことができるので、

回転をしたり、体を大きく動かすような動きもできるようになってきます。

 

やり方は、坂道を後ろ向きに進むだけです。

前のめりになるので、必然的に足の指先で踏ん張ることができます。

体は後ろ向きですが、進行方向を確かめなければいけないので、

顔だけ前に向けて進むことになります。

そうすると左右の感覚や平衡感覚がわからなくなり、

より体をコントロールしたりバランスを維持する力が育ちます。

 

子ども達がぶつかったり転んだりすることを予測して、

声をかけたり行く手を遮るなどのことができるように補助につきましょう。