ヘッダー画像

幼児期はパワー系を鍛えるよりも、巧緻性を高めることが必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期には、筋力を鍛えてパワー系の力を高めるのではなく、

巧緻性といった体の器用さの部分を鍛えていくことが

幼児期の脳の発達に大きく影響し、知能を高めることにつながります。

運動あそびをする時は、ただ何となくその動きをやるのではなく、

1つ1つのポイントをしっかり押さえてできるようにしていきましょう。

 

運動あそびプログラムの「ジグザグスキップ」をご紹介します。

床にビニールテープでジグザグのコースを作っておきます。

このコースの中からはみ出さないように、スキップで進んでいきます。

スキップで腕振りとジャンプのタイミングを合わせることを意識しながら、

ジグザグに方向転換をしていかなければいけないので、

先を読んで考えながら動くことが必要になります。

 

方向転換をする時には、まず上半身をひねってから、

下半身を連動させるように動かしますが、

スキップの時はこれを片足だけで行なわなければいけません。

これが、巧緻性を養うことにもつながります。

最初はゆっくりで良いので、スムーズにできるように練習していきましょう。