ヘッダー画像

運動を好きになることが子どもの成長に良い影響を与えていきます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期から体を動かすことは、その後の子どもの成長において

とても良い影響を与えていきます。

小さい頃から体をたくさん動かしていることで、

周りの友達よりも早く逆上がりができた、跳び箱が跳べた、

足が速かった、などの経験は子どもにとって大きな自信になります。

その自信は、次のことへ向かっていく力になり、

それが運動だけでなく勉強や習い事、部活動や仕事などにもつながっていきます。

自分はできるんだという自信が、全てを良い方向に向かわせてくれます。

まずは幼児期からの”楽しい運動あそび”で、

体を動かすことを好きになれるようにしていくことが大切です。

 

運動あそびの「ウシガエルでカニ退治」をご紹介します。

まず、跳び箱の手をつく位置(前方の中央部分)にカニの目を描きます。

子どもはその目を隠すように両手をつき、

跳び箱の上にジャンプして跳び乗ります。

両足は跳び箱の外側につくので、ジャンプするときに

足を股関節から大きく開くことがポイントになります。

 

跳び箱の開脚跳びをする時に跳び箱に足が引っ掛かってしまう子の多くが、

足を大きく開けていないことが原因です。

この遊びで、しっかり足を開けるように練習しておきましょう。